本来の帰宅時間を大きく遅れて、したたか酔った状態で帰ってきた彼氏。ただの酔っ払いと化した彼に呆れながらも、私が怒れない理由は…


これまでのお話

現在、結婚を前提に交際中です。

関連リンク

謝らなくても許される術を身につけている彼氏

酔って帰りが深夜になった彼氏を私が怒れない理由
酔っ払いの寝言に近くても、嬉しいものは嬉しい(チョロ女)

別に普段から愛情表現してくれないわけじゃないけど、こんなに積極的にはしてくれないので、なんかついつい良い気持ちになって怒るのを忘れてしまいます。

まあ仕事で飲まされたなら仕方ないしね…。(多少は断れよとは思う)(でも私も勧められるがままに飲んじゃう人だから分からんでもない)

ちなみにこの日は私はさっさと晩酌済ませて、あとは寝るだけの状態で待機していました。

そこからの3時半はなかなか厳しかったです。

ろくに食べずに飲んでばかりだった彼氏の夜食を作り、なんやかんやと落ち着かせて、やっと寝たのは明け方5時半…。

空が明るいわ…。

ただのノロケ記事だと思うやん?

そう思わせておいて、実はただのノロケです。

今のところGWは仕事しかしていないので、せめてノロケるくらいは許していただきたく…。

難しいことや気の利いたことは、今の「おそらきれい」状態な私には書けないのです…。

GWもやっとこ折り返し! 頑張るー!!

ブログランキング参加中

ランキング2つに参加しています。
1クリックで1日1票投票できます。
私は酔うともっと酷いらしいです、自覚はあるかもしれない私にクリックで喝をいただけると幸いです。


にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
いつも応援ありがとうございます!

去年のGWも全然遊んだ記憶無いけど何してたんだろうと思って記録をひもといたら、肺炎で寝込んでいました。ああ…


★今までの婚活記事のまとめページはこちら
婚活まとめ記事

★彼氏との他のエピソードはこちら
アキさん

★汚部屋脱出ブログ
猫と汚部屋と私。~快適生活に憧れて~

読者登録していただけると嬉しいです!

※当ブログの内容は全て、無断での転載、使用を固くお断りしています