関連記事:【ろぐ198】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話① / 【ろぐ199】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話② / 【ろぐ204】オコゼに刺された時の応急処置 / 【ろぐ205】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話③

【ろぐ207】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話④

とりあえず総合病院行けばなんとかなるやろと思っていったのですが、なんとかなりませんでした!
当直医が内科医のみの場合は、外科は受け入れてもらえないんですね……。
あまり外科で救急に行ったことがないので知りませんでした。無知を恥じます。

年輩の警備員さんが2人いて、私の足の様子を見て「肉離れか~?」ってにこやかに声をかけてきたんですが、「オコゼの毒です」と答えたら、すぐに真顔になって救急外来のリストをくださいました。

でも、外科をやっている救急外来に電話しても、処置ができないと断られまくり(当市ではオコゼに刺されるのは超レアケース…)、結局市内で1番大きい、誰もが知っている例の赤い十字架の病院に電話したところ、受け入れてもらうことができました。
ところで赤い十字架のマークって、勝手に使うと法律違反らしいです。

詳細は以下の記事をどうぞ!

--------------------
デザインに赤い十字(✚)を使うと法律違反って知ってましたか?
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/07/08/17778
--------------------

4コマはデザインではないし、ネット媒体とか戦地に微塵も関係のないところであれば問題ない……という気もいたしますが、一応念のためモザイクかけてみました。

ついでに、夜間救急の特別料金システムについても軽く触れておきますね。

各病院でそれぞれ細かなシステムは異なりますが、救急外来では重篤な患者に回す人材と資源を確保するため等の理由で、軽症で訪れた患者の診察費に特別料金を加算することがあるようです。

特別料金を加算するかどうかの判断基準は各病院ごとに異なるようですが、一刻を争う病状や怪我の場合には加算されないとのことです。

経験上、「いわゆる町医者でも対応可能で、即時対応する必要はない」程度の症状では特別料金を取られました。

今回は……?


続く!!


あと2回くらいで終わります!
とりあえず、特別料金と聞いた父親の顔がこわばったのは確かです。1万円は痛い……。

関連記事
【ろぐ198】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話①
【ろぐ199】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話②
【ろぐ204】オコゼに刺された時の応急処置
【ろぐ205】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話③


nitijyo




よろしければ応援クリックお願いいたします!






--------------------------

ブログは毎日更新中!
新着記事のお知らせをLINEで通知するサービスもあるよ!
ぜひ登録してみてね!