関連記事:【ろぐ198】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話① / 【ろぐ199】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話② / 【ろぐ204】オコゼに刺された時の応急処置 / 【ろぐ205】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話③ / 【ろぐ207】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話④ / 【ろぐ208】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話⑤

【ろぐ210】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話最終話

というわけで、今回は以前言っていた《特別料金》が加算されないケースでした!

毒は人によって反応の強さが違うし、体質によってはアナフィラキシーショックを起こして危険な状態になることもあるしで、緊急性高いという扱いにしていただけたのでしょうか。
1万円飛んでいかなくて助かりました。

ほっとしたら、めちゃくちゃお腹すいたので、この後なか卯でうどん食べました。

お薬は、抗生物質入りのステロイド剤が出ましたよ。
痛みのあるところに広く薄く塗ると、痛み止めとして働いてくれるそうです。
効果はかなりあったと思います。

とりあえず夜中に状態が悪化して搬送…ということにはなりませんでした! よかった!!
でも痛みは1週間くらい続きましたし、しばらくの間は肝臓も弱りましたので、本当に……オコゼの毒怖い……怖すぎるぜ……。

スズメバチと一緒で二度目以降は抗体ができるため、アナフィラキシーショックを起こす確率があがるそうです。
気をつけなければ…。

これからの時期、磯遊び等をする機会も増えると思いますが、海の生物には気をつけて!
棘のあるもの、岩の隙間、ふよふよ漂ってる透明な物体等には決して触らず、距離をおいてください。
海の生き物は意外と殺傷能力高いぞ! まじで!!

というわけで、「釣りに言ったら夜間救急に行くことになった話」はこれで終わりです。
ありがとうございました!

次回から通常の日常ネタに戻ります!


関連記事
【ろぐ198】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話①
【ろぐ199】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話②
【ろぐ204】オコゼに刺された時の応急処置
【ろぐ205】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話③
【ろぐ207】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話④
【ろぐ208】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話⑤



nitijyo




よろしければ応援クリックお願いいたします!






--------------------------

ブログは毎日更新中!
新着記事のお知らせをLINEで通知するサービスもあるよ!
ぜひ登録してみてね!