【ろぐ212】ガチで肝が冷えた話

というわけで、オコゼに刺されたのが7月6日。
その次の日、私は思いっきり普段通りの飲酒をして、ぐでぐでに酔いましたとさ!
酔いつぶれると、とりあえず服を脱いで布団にくるまって爆睡する癖があります。
なので外では意地でもつぶれないように気をつけています。うっかり脱いだらえらいことですからね!

なぜ私がこの日にお酒を飲んでいたかというと、yuenちゃんとカラオケオフしてたんですよね!
めっちゃ楽しかった!! オコゼに刺された足の痛みなんて忘れて楽しんだ!!
忘れすぎて酒もがぶがぶ飲んじゃったイエーイ!
その日のことはまた後日レポしますぜ!

yuenちゃんが先に書いてくれてるのでそちらをどうぞ~!



それにしても、いくらなんでもその状態で酒飲むとかバカなのって思うでしょう?

バカなんですよねぇ!!!!!


私は専門バカ的な性質がありまして、興味のないものに対する知識がとんでもなく薄いのです!
常識が欠落しているレベルで薄い!!
今までの人生で肝臓に対して1ミリも興味抱いてこなかった!!
だから肝臓が解毒してくれてるなんて全然気づきもしなかったよ!!

肝臓ごめん!!!! ごめんねえええええ!!!!! 死なないでええええええ!!!!!

とりあえず一週間、禁酒しました。
まだちょっと微妙かな……大丈夫かな、肝臓……死んでないよね……?

もう本当に怖いよ。肝が冷えるとはこのことだよ。
オカルト的な怖い話は笑って聞けるけど、自分の臓器についての話は笑えないよ。
肝臓…大事にしよう……お酒たくさん飲みたいから……()


この日も酔いつぶれたとは言え、30分ほど寝たらスッキリしてお風呂も入れましたとさ。
肝臓ちゃん頑張ってくれたんやね…。
ちょっとキュンとしたわ。



nitijyo




よろしければ応援クリックお願いいたします!