関連記事:婚活パーティ編

【ろぐ227】初めての婚活パーティ⑤それぞれのノリ(婚活編)


もはや席移動すらしない…完全にパーティーに見切りをつけた女子達が歓談を行う、禁断の女子会テーブル爆誕…。

でも、戦いに疲れた男性陣がちょこちょこ立ち寄っては休憩していくので、ずっと女子ばかりというわけでもなかったです。
それなりにトークはしたけれど、ゲーム好きの年下男子(弟より年下)とほぼほぼモンハンの話して、後は誰かの話題に適当に合わせて笑ってうなずいていたことしか覚えていないです。

なお、仕事の話題は完全にアウトでした。
周りの女性陣の戦闘力が高すぎて、なんかもう駄目でした。
看護師だの養護教諭だのに群がる男達を遠目に見ながら、「こんな美人の養護教諭が保健室にいたらたまんねぇな」と完全におっさんの思考になってました。
私ですらそう思うのだから、男性陣だってそりゃもう、色々とあらゆる妄想を掻き立てられたことでしょう。
相手は喩えるなら☆7のURレア装備ユーザー、一方「自営業? あっふーん…(察し)」な感じの私は、無課金ユーザー。

同じ土俵に立てるとは思っていないさ!!
自らすっこんでる!!

そんな感じで2時間ほど女子会テーブルに根を張っているうちに、パーティー終了のお知らせが。
やっと帰れる…!!
感無量でした。

次回、最終回。
果たしてえむこは、この婚活パーティーで誰かと連絡先を交換出来たのか…!?
続きはこちら!


※あくまで、私が行ったパーティーのレポですので、全ての婚活パーティーがこの通りというわけではありません。私が参加したのはカジュアルパーティーです。





konkatu



よろしければ応援クリックお願いいたします!