関連記事:【ろぐ344】初めてのお見合いパーティーの顛末(婚活編)

【ろぐ345】発熱から3日目、少量の吐血

発熱から3日目とあるのは、実はマーライオン化した明け方の前夜から38度を超える発熱がありました。
なので、この時点で日数は発熱(発症)から3日目です。

朝起きて、熱が下がっていたので、もう良くなっているのだと思いました。
けれども声が出なく、身体を起こしていることも困難で、意識も途切れがちに。
脱水症状を起こしていると思い、水分とゼリー等の軽い食事を摂った…ような気がするのですが(少し記憶が曖昧です)直後に薬と共に嘔吐。
この時の吐瀉物に少量の血が混ざっており、胃の痛みはかなり激しいものでした。
脱水状態が一層激しくなったため、再び病院に行きました。

病院では、強い吐き気がまだ続いていることと、朦朧としている私の様子から、「どうも普通の風邪ではなさそう」ということで血液検査、検便が行われました。
薬を飲んでも全て吐いてしまう、下痢がひどいため座薬も使えないということで、打つ手がないということを医師と看護師が話し合っており、もし今後も嘔吐が続くようなら専門の病院に掛かった方がいいだろうとのことでした。
胃腸科ノン! 絶対やだ! と強く思ったのは覚えています。

点滴は30分以上あったはずですが、体感的には5分ほどでした。
完全に意識を失っていたわけではなく、看護師さん達の会話や物音は全部聞こえていたのですが、それでもあっという間に過ぎたような気がしました。
点滴のおかげで脱水症状がよくなり、声が出て雑談が交わせる程度に意識もはっきりしました。

帰宅後だったか、どのタイミングかは忘れてしまいましたが、どろっとした真っ黒な便が出てぎょっとした記憶があります。

それにしても、私がバカなのか、体調不良で判断能力がすっ飛んでいたのか、熱が下がったからもういいだろう、と更新作業をしたのを覚えています。バカです。


続きます。
(現在、病状は快方に向かっております)

2017/11/07追記 現在は回復しております

ちょっと重たい話が続くかも知れません。
不快に思われる方がいらっしゃいましたら申し訳ありませんが、記録としてしばらく続けさせてください。




nitijyo




よろしければ応援クリックお願いいたします!