こちらで読者登録していただくと、
記事を更新した際に、
LINEでお知らせいたします!
------------------

【ろぐ436】左腕に現れた謎の斑点、その原因は…


「もう~めっちゃ重いわ~(でも幸せ)」なあの時間がもう許されないなんて……。
悲しみのあまり、猫さんを膝に移動させたよ…ぬくい……。


いやー、最初この斑点を見た時は、以前にペニシリンで薬疹出た時にすごく似てたから、めちゃめちゃ焦りました。
「えっ薬疹!? 今さら!? 処方見直し!?」って……。
10年かけてたどり着いた処方の見直しなんて悲劇でしかないですからね…!
でも薬疹だと左右に満遍なく出ることが多いのですが、今回は左腕だけ。
そして痛くも痒くもない。(薬疹の時も別に痛くも痒くもなかったけど)

ええ…なんか痛くも痒くもないって逆に不気味じゃないです…? 見た目に異常があるのに痛くない=重篤な何かっていう認識なので、もうほんと、皮膚科行くまで気が気でなかったです。

実際は圧迫により、血管から色々なものがにじみ出た結果、斑点になったとのことでした。
これもこれで、全然よくない状態らしいですけどね!
斑点がそのまま色素沈着するとシミになるそうです。こわ……。

猫と暮らしてらっしゃる方は、結構これと似たようなことを猫さんにされてると思うのですが、長時間の圧迫にはお気をつけて…!
私みたいに何時間も猫さんを乗せたままにしておくと、皮膚の下で色々なものがにじみ出てしまうかもしれません。
締め付け感のあるタイプの衣類でも同じ現象が起きる可能性があるそうですので、くれぐれも過度の圧迫、締め付けにはお気をつけくださいませ。私も好きだけどね、あのあったか系衣類…。

綺麗に治るといいんだけどなぁ…。

一時期ストレスでお腹を下していたので、その関係での発疹の可能性も考えて、この一週間ほどは極力ストレスフリーに過ごしておりました。
そしたらこれが思いのほか快適だったので、しばらくこの感じで行こうかなと思っています。
Twitterは思い出した頃に浮上する感じになるかもしれませんがご容赦くださいませ。
リプは読ませていただいております。いつもありがとうございます!




ランキング2つに参加しております。
1クリックで1日1票投票できます。
猫を飼っていると思わぬ事態にそこそこ出くわすというのを実感してる私に、クリックで応援していただけると嬉しいです!


にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

とてもあいくるしいからこまる