こちらで読者登録していただくと、
記事を更新した際に、
LINEでお知らせいたします!
※現在更新通知はLINEでのみ
行っています
------------------
関連カテゴリ:婚活編
どうしても手を繋ぎたくない理由(婚活編)【ろぐ512】
本日2回目の更新です。1回目はこちら
今回はこちらの続きです。

カップルのイラストを描く時、手や指の表現にはとても気を遣っています。

そこには生々しい肌の密着があり、暗黙の了解のように2人の関係を匂わせてくれるポイントだと思うからです。

手の握り方、繋ぎ方、指の絡め方、それぞれにカップルの関係性が見えてきます。

それだけに、私にとって、手を繋ぐという行為はもしかしたらハグやキスより親密な行為なのかもしれません。
だから気安く手を繋ぎたくなんてなかったのです。

もちろんそれは私の事情であり、そしてそんなことをコウさんは知りません。
語ったこともないのです。

だから、裏切られたなんて、多分おこがましいんだろうけれど。
ルールなんて決めていなくて、ただ私が「そうしてほしい」と願っていただけだけれど。
ただ、誠実に、慎重でいてほしかった。

有耶無耶のうちに、ひどく深いところまで入り込まれたようで、モヤモヤしました。
その距離感を、私はまだ彼に許していない。

コウさんは私にとって、まだただの他人だった。
そのことに、手を繋がれたことで気づいてしまった。


そして、そこにときめきは、生まれなかった。




ランキング2つに参加しています。
1クリックで1日1票投票できます。
自分でもなぜそこまでショックなのか分からない私に、クリックで喝をいただけると嬉しいです…。


にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
いつも応援ありがとうございます。
男と女の距離感というのは、どうにも難しいですね。
これが「友達」として出会っていたなら、もっと気安く手も繋げたような気がしています。
私には、友達からの方が、距離が縮めやすい気がする。
まあ、そのまま永遠に友達のままであることがほとんどなんですけれどね。
男友達に「お前だけは異性に思えない」と言われがちな女、それが私…。
まあ中身ほぼほぼオッサンやからね! サブカルおっさんやからね!




↓1年前の記事です。
嘘のような本当の話(猫飼いあるある)見出し画像
去年のエイプリルフールは何か嘘ついたっけと思ったけれど、特に嘘はついていませんでしたね。
最近、湯船にゆっくりつかれていません。








汚部屋脱出ブログやっています。完全に不定期更新。
猫と汚部屋と私。~快適生活に憧れて~






konkatu



-*-*-*-*-*-*-*-*-
当ブログは開設当初から「絵日記」というカテゴリで運営しております。
「婚活」カテゴリのブログではないため、更新内容には婚活以外のことも含まれますが、ご容赦ください。
婚活記事には(婚活編)とつけておりますので、婚活以外の記事にご興味のない方はそちらを参考にしてただけると助かります。
書かれている内容は、わずかですがタイムラグがありますことをご了承ください。
登場する人物の情報には全てフェイクが入っておりますので、辻褄が合わないと思うところもあるかもしれませんが、そちらもご容赦ください。
-*-*-*-*-*-*-*-*-