元彼が消滅したヲタ彼女でぃーぷろぐ

元彼が消滅したヲタ女のでぃーぷな日々(実録)を四コマ漫画でゆるくお届けします。2017年の春から婚活で七転八倒し、2018年の秋にヲタ彼氏誕生、2019年夏に入籍しました。今の楽しみは節約とゲームです。Switch Lite購入しました。あつ森たのしい。

タグ:オニオコゼ

関連記事:【ろぐ198】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話① / 【ろぐ199】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話② / 【ろぐ204】オコゼに刺された時の応急処置 / 【ろぐ205】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話③ / 【ろぐ207】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話④ / 【ろぐ208】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話⑤

【ろぐ210】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話最終話

というわけで、今回は以前言っていた《特別料金》が加算されないケースでした!

毒は人によって反応の強さが違うし、体質によってはアナフィラキシーショックを起こして危険な状態になることもあるしで、緊急性高いという扱いにしていただけたのでしょうか。
1万円飛んでいかなくて助かりました。

ほっとしたら、めちゃくちゃお腹すいたので、この後なか卯でうどん食べました。

お薬は、抗生物質入りのステロイド剤が出ましたよ。
痛みのあるところに広く薄く塗ると、痛み止めとして働いてくれるそうです。
効果はかなりあったと思います。

とりあえず夜中に状態が悪化して搬送…ということにはなりませんでした! よかった!!
でも痛みは1週間くらい続きましたし、しばらくの間は肝臓も弱りましたので、本当に……オコゼの毒怖い……怖すぎるぜ……。

スズメバチと一緒で二度目以降は抗体ができるため、アナフィラキシーショックを起こす確率があがるそうです。
気をつけなければ…。

これからの時期、磯遊び等をする機会も増えると思いますが、海の生物には気をつけて!
棘のあるもの、岩の隙間、ふよふよ漂ってる透明な物体等には決して触らず、距離をおいてください。
海の生き物は意外と殺傷能力高いぞ! まじで!!

というわけで、「釣りに言ったら夜間救急に行くことになった話」はこれで終わりです。
ありがとうございました!

次回から通常の日常ネタに戻ります!


関連記事
【ろぐ198】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話①
【ろぐ199】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話②
【ろぐ204】オコゼに刺された時の応急処置
【ろぐ205】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話③
【ろぐ207】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話④
【ろぐ208】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話⑤



nitijyo




よろしければ応援クリックお願いいたします!


関連記事:【ろぐ198】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話① / 【ろぐ199】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話②

【ろぐ204】オコゼに刺された時の応急処置

細かく解説するね!

もしもオコゼに刺されてしまったら



1.傷口の洗浄


【ろぐ204】オコゼに刺された時の応急処置
海水や釣り場には雑菌が多く生息しています。
棘が刺さった傷口からそれらが侵入しないよう、綺麗な真水でしっかり洗浄します。
この時、棘が残っているようであれば、ピンセット等で慎重に除去します。
棘には毒の成分が残っていますので、素手では触らないでください。

毒の周りを抑えるために、患部よりも心臓に近い位置を縛っておくといいです。

2.毒を絞り出す


【ろぐ204】オコゼに刺された時の応急処置
めっちゃくちゃ痛いですが、頑張って絞り出します。
自分では無理な場合は周囲の人の手を借りましょう。
吸い出す方法は、危険なのであまりオススメしません。

3.43度~45度くらいの熱で温める


【ろぐ204】オコゼに刺された時の応急処置
オコゼの毒はタンパク質でできています。
そのため、43度以上の熱で変質し、固まるとされています。
痛みが引くまでしっかり温めましょう。
火傷にはくれぐれもお気をつけください。

この時、誤って冷やしてしまうと、痛みがかなり増すようです。

また、オコゼの毒は人によってはアナフィラキシーショックを起こす恐れがあります。
呼吸困難、血圧の低下、意識障害等の重篤な症状が起きた場合には至急、救急病院へ行ってください。

最後に


上記の処置は応急処置です。
症状が重くなるようであれば必ず病院に行ってください。
その際は、外科となります。
オコゼの毒による症状はなかなか受け入れてくれる病院がないので、できるかぎりアポを取って行かれた方がいいと思います。

上記の処置はハオコゼ、オニオコゼに対して有効なものとなっています。
オニダルマオコゼにさされた場合は、上記の処置と併せて、速やかに救急車を手配するなどしてください。
※オニダルマオコゼの毒はハブの数十倍の威力を持つとされています


関連記事
【ろぐ198】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話①
【ろぐ199】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話②

nitijyo




よろしければ応援クリックお願いいたします!


前回の話:【ろぐ198】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話①

【ろぐ199】釣りに行ったら夜間救急行くことになった話②

魚を引き揚げる時は慌てずゆっくりとね…!! マジで…!!

というわけで、左足をがっつりオニオコゼに刺されてしまいました。ヒエエエエ!!

オニオコゼってこいつね!

IMG_4702

どうよ、この凶悪な毒針。
こいつに刺されたら、大人でものたうち回るほどの激痛、場合によってはショック症状で死に至ることもあるんだぜ!!
一瞬とは言え、こいつの背びれが思いっきり左足にヒットしたえむこ。
果たしてどうなってしまうのか。

続く!!


ていうかオニオコゼ、こんなところにもいるんだ……。
防波堤釣りだとハオコゼに出会うことはよくあるんですが、オニオコゼは初めて見ました。
こんなの、舟か島にでも行かないと釣れないと思ってた……。

オニオコゼは高級魚として有名ですが、結局我が家では対応出来ないということで、オコゼはリリースされてしまいました……。
く、くやしい……わい完全に刺され損やないか……!!
オニオコゼの下処理と調理方法を意地でも習得してやろうと固く心に誓ったのでありました。



ちなみにオコゼ以外にも色々釣れたよ!

IMG_4697

高級魚だけど上手に活け締めしないとクッソまずくなって食べられないという通称ラスボスのギンポ。
なぜラスボスかというと、ギンポは魚のいる穴の1番底にいる魚。
そいつが釣れるということは、もうそのポイントには何もいないということで、竿を落とす位置を変える必要があるそうな……。
当たりはゴクンという感じ、引きは「ぬるっ」という独特のものです。
そこそこ重いけど釣れた時のガッカリ感半端ねぇ。
我が家では処理しきれないので釣れても即リリース。


IMG_4696

ガシラちゃん。カサゴとも呼ばれていますが、オニカサゴ(オニオコゼ)とは別物です。
背びれはそこそこ鋭いので刺さると痛いけれど、毒はありません。
味は美味。我が家では煮付けや唐揚げなどでいただきます。

IMG_4700

個人的にはまあまあのサイズが釣れたと思ったのですが、釣り玄人の両親に「小さい」と判断され、リリースされました……。





nitijyo




よろしければ応援クリックお願いいたします!