元彼が消滅したヲタ彼女でぃーぷろぐ

元彼が消滅したヲタ女のでぃーぷな日々(実録)を四コマ漫画でゆるくお届けします。2017年の春から婚活で七転八倒し、2018年の秋にヲタ彼氏誕生、2019年夏に入籍しました。

タグ:ホラー


こちらで読者登録していただくと、
記事を更新した際に、
LINEでお知らせいたします!
※現在更新通知はLINEでのみ
行っています
------------------
当ブログの内容は無断転載禁止です
------------------
カラオケ店勤務時に遭遇した怪奇現象【ろぐ633】


この店、結構とんでもないことが頻発していて、この程度じゃなんとも思わなくなりました。

ある日は出勤したら神棚がぶっ壊れていたり、ある日は使っていないはずの荷物運搬用エレベーターが作動して扉が開いたり、ある日は風もないのにドアが勢いよく閉まったり…たまにお客さんから「あの部屋、なんかおかしくないっすか」って言われたり……。

一番ひどかったのは、真夏に厨房のエアコンが故障したことですかね…! 命の危険を感じる暑さだったし、仕込みなんてとてもじゃないけれどもできなかった…! 色々とギリギリだった…。

そんな修羅場で、たかだかスピーカーから笑い声が聞こえたところで、何の害もないじゃないですか。

……完全に変な耐性がついてしまった!!


ちなみに一番怖かったのは、ワンオペなのに総合で100人オーバーの来客があって、全員が律儀にドリンクやスイーツをオーダーしてきた時です。ワンオペなのに。しぬかと思った。

(某牛丼屋のワンオペ問題が勃発するよりもかなり前のお話なので、今お店がどういう体制かは知らないです)※閉店していました(2019.07.14追記)



ランキング2つに参加しています。
1クリックで1日1票投票できます。
この店の勤務のおかげですっかりお化け屋敷に耐性がついてしまった私に、どんまいのクリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
いつも応援ありがとうございます!
しぬほど大変だったし、色々と失ったものも多いけど(健康とか健康とか)カラオケ店勤務自体はとても楽しかったです。
でももうやりたくないかな。うーん。……ワンオペでなければやってみたいかも!(懲りてない)



一人暮らし時代のこわいかもしれない話
【ろぐ229】存在しないはずの隣人※閲覧注意

今はもう無い心霊ホテルでのお話
【ろぐ224】心霊否定派の父が肯定派になった切っ掛け※閲覧注意


えむこのインスタはこちらです
インスタやってます。
翌日の更新が午後になる場合、こちらでお知らせしています。
(あてにならない告知ですが)






汚部屋脱出ブログやっています。
猫と汚部屋と私。~快適生活に憧れて~










nitijyo

【ろぐ229】存在しないはずの隣人※閲覧注意


このフロアの住人は私だけのはずだった。
隣室は大家さんが日中使用するため、常に空き室で夜間は誰もいない…はずだった。

じゃあ、壁を殴ってきたのは一体……?

まあ、深夜にアクエ○オンはうるさかったかなーとは思いますけどね!(´・∀・`)エヘッ
この壁ドンはこの後もしばらく続き、いい加減腹が立った私はある日「うるっせえよ!!」と壁ドン仕返したのですが、それ以来静かになりましたとさ。

壁ドンはそれで収まったのですが、それ以来このマンションでは次々と不可解な現象が起こるようになりました。

軽く例を挙げますとこんな具合

・上の階の住人が狂った
・常に廊下に腐敗臭が充満している(上の階の住人のせい)
・入居して半年経っていないのに配水管が異常な詰まりをみせ、風呂が使い物にならなくなる
・結露がひどすぎて窓際がぐっしょり濡れる(多分部屋の向きのせい)


とてもじゃないけれど生活できない部屋になったので、さっさと逃げ出しましたとさ!
ていうか上の階の住人が狂ったのが一番やべぇ……。
明確な実害が出て本当つらかった。
壁ドンなんて可愛いくらいでしたよ……。

ちなみに私の心霊現象に対するスルースキルは「社畜と幽霊」に出てくる社畜さん並ですオッス!


by カエレバ

面白いし幽霊かわいいよ!
となりのヤングジャンプで無料でちょろっと読めるからぜひ読んでみてほしい!



他のホラー話はこちら!






nitijyo




よろしければ応援クリックお願いいたします!


【ろぐ224】心霊否定派の父が肯定派になった切っ掛け※閲覧注意

この日を境に、父は心霊肯定派へと鞍替えした。

あ、書き忘れてましたが、このホテルには連泊しています。
2泊3日で泊まったと記憶しています。
夜だけでなく、朝方にも同じようなことがあり、私があまりにやいやい騒ぐので、父がその場所で寝ることになったのです……。
私は寝場所を代わってもらったその日はぐっすり寝ました笑

それにしても、父は触られただけ、私は首を絞められるって……なんかこう……色々事情を深読みせずにはいられない感じがありますね……?

あまりにもぎゅうぎゅう首を絞めてくるので「ふざけんな、去ね!!」と心の中で強く念じたところ、さらに締め付ける力が強くなったので、「生意気言って申し訳ございませんでした、許してください」と平謝りしたところ、するっとほどけてどこかに行きました。
命乞いには謙虚な姿勢が大事だと学びました。

その部屋には他にも不可解なことがいくつかあって、何度ふすまをきっちり閉めても、気がついたら少し開いているのです。(建て付けの問題かもしれませんが)
そして、その女が現れる場所も決まっていて、和室の角。
和洋折衷の部屋だったのですが、洋室部分にはまったく現れませんでした。

このホテルはその後廃業、跡地は色々と活用案が出るもののなぜか全て頓挫し、今は駐車場になっているとのことです。

件の女性が何者だったのか、なぜこのような現象が起きたのか、真相は全て闇の中――






nitijyo




よろしければ応援クリックお願いいたします!